トップページ > 更年期障害の治療法etc >  低用量ピル

低用量ピル(OC)

ピルというと、避妊薬というイメージが先行してしまいますが、低容量ピルは、婦人科系の様々なトラブルに高い効果が期待できる優れた治療薬であり、女性のQOLに欠かせないものです。

低用量ピルの女性にとってうれしい効果はたくさんありますが、一部を紹介しておくと、

● 月経が周期的になる
● 月経の出血が少なくなる
● ニキビ・肌荒れが治まる
● PMSが改善する
● 貧血が改善される
● 多毛症が改善できる

といった効果があります。

更年期障害の治療で低用量ピルを用いる場合というのは、40代になり、ホルモン補充療法をするまでではないけれど、女性ホルモンの分泌量が減ってきた影響がちらほらと出始めたとき。

低用量ピルを服用することでホルモンバランスが安定するのでホルモン量が不安定になりだす40代前半から気になりだすさまざまな不定愁訴を軽減することができます。

低用量ピルとホルモン補充療法との使い分けの目安としては

● 40~45歳なら低用量ピル
● 45~50歳なら低用量ピルもしくはホルモン補充療法
● 50歳以上ならホルモン補充療法

という感じです。

ピルに対しては、吐き気やめまい、それから体重が増えてしまうといった副作用があるといわれていますが、それは一昔前の中~高用量ピルの話で、低用量ピルであれば10代のニキビ治療に使っても問題ないといわれているほど安全なので、も副作用についてはほぼ心配する必要はありません。

低用量ピルを使って更年期障害の治療を行う場合、婦人科での診察が必要で、年に2回は血液検査が必須となっています。また、子宮内膜症以外の疾患には保険は適用されないので更年期障害の治療目的の場合は実費になります。

相場としては1か月あたり3,000円程度なので、そこまで高いものではないです。

低用量ピルを服用している間は、排卵が止まります。閉経前後の更年期障害の症状が現れている女性にとっては排卵の有無は関係ないことですが、若年性更年期障害の治療のために妊娠や出産を考えている女性が使用する場合は考えたほうがいいでしょうね。

低用量ピルについて
    Copyright © 2013 更年期障害の症状の緩和と軽減に役立つサイト· All Rights Reserved·