トップページ > 更年期障害の治療法etc >  食事療法

食事療法

更年期障害の症状を毎日の食事だけで緩和、軽減させるというのはちょっと厳しいです。

更年期障害に対する食事療法というのは、女性ホルモンが減少することによりこれまで女性ホルモン(主にエストロゲン)が機能を維持していた組織や細胞に問題がでてくるので、それを食事から摂取する栄養素で守るというのが目的になります。

具体的には、ホルモンバランスの安定を意識しつつ、女性ホルモン減少の影響がでやすい骨、血管、脳、肌のことを考えた食生活や食べ物に気を配るようにするといいことですね。

ということで早速、更年期に負けない食事療法のポイントを紹介していきます。

まず最初はなんといっても大豆イソフラボンです。女性ホルモン様の働きをする植物成分はいくつかありますが、日本人にとってなじみがあり、普段から摂取しやすいのは大豆イソフラボンでしょう。

大豆イソフラボンの成分構成はエストロゲンと非常によく似ており、体内に吸収されるとエストロゲンと同じように働いてくれるので、40代を過ぎてホルモンバランスが乱れはじめた女性にとっては欠かせない成分です。

豆腐や納豆などの大豆や大豆製品に多く含まれているので、まずは大豆イソフラボンをベースにした献立やメニューを積極的に取り入れていくことをおすすめします。

それからカルシウムです。女性ホルモンが減少してくると骨芽細胞と破骨細胞のバランスが崩れて骨量を維持することが難しくなってきますし、加齢の影響で腸からのカルシウム吸収も悪くなってきます。

こうした体のなかの変化があるため、更年期以降は骨粗しょう症などの問題がでてくるわけなので、カルシウムは必須の栄養素となります。カルシウムの吸収に役立つビタミンDが含まれている食品も積極的に摂取したいところです。

女性ホルモンが減少してしまうことの影響は血管にも及びます。

エストロゲンには動脈硬化を抑制する作用があります。しかし、エストロゲンが減少してくる更年期以降はその作用も期待できなくなってきますから必然的に動脈硬化のリスクもあがってきます。

血液をサラサラに保ち、血管の柔軟性を保つためには納豆に含まれるナットウキナーゼや青魚に多く含まれるDHA・EPAといったオメガ3系脂肪酸を摂取することが大切です。

特にDHA・EPAは認知症予防にも効果的といわれている成分であり、男性と比べて2倍といわれる女性の認知症予防の助けとなる成分です。ちなみに女性に認知症が多いのも女性ホルモンのエストロゲンの働きが弱くなるためです。

エストロゲンが急激に減る産後、それから更年期にうつ病が増えることがわかっているように脳を正常に機能させるためにも女性ホルモンの働きは非常に重要になります。

● 骨・・・カルシウム
● 血管・・・DHA・EPA
● 脳・・・DHA・EPA

大豆製品をベースに青魚などを積極的に食べるようにする。つまり和食中心にするということですね。和食は更年期障害にとっても最高の献立だということです。

最後に肌が乾燥したり、ハリがなくなってきたという場合はコラーゲンを摂取しましょう。食事からだけでは美容のために1日2000㎎ほど不足してしまうので、利用のしやすさを考えてもコラーゲン商品のなかでおすすめなのはコラーゲン粉末(顆粒)です。ぜひチェックしてみてください。

食事療法について
    Copyright © 2013 更年期障害の症状の緩和と軽減に役立つサイト· All Rights Reserved·