トップページ > 若年性更年期障害とは? > 若年性更年期障害とは?

若年性更年期障害とは?

更年期障害とは?でも述べたように更年期障害とは、閉経前後の約10年ほどの期間(45~55歳ぐらいまで)、女性ホルモンの中のエストロゲンが減少することで様々な身体的または精神的不調がでてくるのことを言います。

しかし、最近では閉経前後の更年期をまだ迎えていない、それこそ20代や30代、40代前半の閉経までにはまだまだ期間のある人達が更年期障害と同じような症状に悩まされるケースが増えており、そうした人たちを総称して若年性更年期障害といっています。

若年性更年期障害を引き起こしてしまう原因の多くは、過度なストレスや、若い女性ならではの無理なダイエット、不規則な生活や食生活の乱れなどがホルモンバランスを乱し、自律神経を乱してしまうからと言われています。

マラソンの女子選手をはじめとする女子アスリートの場合、過度な練習のせいで生理が止まっていることがあるそうですが、これも肉体的ストレスによって卵巣機能が低下してしまっているいい例です。

若年性更年期障害は、

1、卵巣そのものの働きが低下してしまっている
2、卵巣の働きは正常だがホルモンバランスが乱れてしまっている

という2つ原因があるといいます。

いずれにせよ、若年性更年期障害の場合は、更年期障害違って生活習慣や体質改善を行って原因を取り除けば、体調もよくなり、生理不順も治せるものです。その点、更年期障害とは違うものなんですが、心や体にあらわれる症状は似通っているため若年性更年期障害というわけですね。

※ただ、あまりにも放置期間が長いと治療しても回復しなくなることもあり、本当の更年期が来た時により重い症状が出るともいわれています。

若い女性の場合、月経不順や無月経は危険信号であり、妊娠、出産などを考えると、若年性更年期障害は不妊の原因になりますから百害あって一利なしです。

決して放置しておける問題ではなく、将来への影響を考えると一刻も早く、婦人科へいくなどして真剣に治療に取り掛かるべきでしょう。

Copyright © 2013 更年期障害の症状の緩和と軽減に役立つサイト· All Rights Reserved·