トップページ > 更年期障害の基礎知識 >  男性の更年期障害とは?

男性の更年期障害とは?

更年期障害は、閉経前後の女性に現れるものというイメージが定着していますが、最近では、男性にも更年期障害と思われるような症状が現れると言われています。

男性の更年期障害も女性と同様に、加齢によって男性ホルモンが低下することによって起こるもので、さまざまな身体の不調や精神的な不調を感じるということがわかってきています。

男性の体の場合、女性のように初潮・月経・閉経といったホルモンバランスの変化やサイクルをを感じられるようなものではないので、加齢による体の変化やホルモンバランスの変化を実感することができません。

また、更年期障害そのものの症状の感じ方には、個人差がとても大きいことや、年齢的にもちょうど仕事の責任が増し、精神的にも肉体的にも負担が増大している時期ということも重なって、まさか体や心の不調が更年期障害によるものとは気が付かないのが普通です。

こうした事情から男性の更年期障害は、女性以上にわかりにくいですし、そもそも男性に更年期障害があることすら知らないという人のほうが圧倒的に多いのが現状ではないでしょうか。

男性の更年期障害に影響する男性ホルモンですが20歳代をピークに年齢とともに低下していきます。具体的な症状がでてくるのは40代の中頃から50代後半にかけてが多いと言われていますが、若年性更年期障害は男性にもあるので30代でも油断はできません。

● うつ病
● 記憶力低下
● 集中力の低下
● 睡眠障害
● 肩こり
● 頭痛、めまい
● 疲労感
● ED(勃起障害)
● 性欲の減退

男性ホルモンの分泌量が低下することで、心と体、そして性機能に障害がでること確認されています。こうして男性更年期障害の症状をみると、これまで仕事のストレスのせいにしてきた心身の不調の多くは更年期障害ということがいえるんですよね。

特に寝てもとれない疲労感や気力の低下の正体が男性ホルモンが低下しているからというケースは多いようです。これは男性であればぜひ覚えておきたいことですね。

こうした男性の更年期障害を克服する方法はあるのか?ということですが、男性の更年期がはじまるといわれる45~60歳より若い人であれば生活習慣の改善などで回復することは大いにあります。

しかし、更年期ど真ん中年代という場合は、男性ホルモン補充治療やバイアグラやレビドラといった薬を使うほか有効な治療はない模様です。ホルモン療法は髪が薄くなる副作用もあるので治療方法として選ぶのにはなかなか勇気がいるところです。

男性の更年期障害とは?について
    Copyright © 2013 更年期障害の症状の緩和と軽減に役立つサイト· All Rights Reserved·