トップページ > 更年期障害と間違えやすい病気 > 更年期障害の症状とよく似た間違えやすい病気一覧

更年期障害の症状とよく似た間違えやすい病気一覧

更年期障害かどうかは、医療機関で検査しないかぎりはわかりません。

更年期障害だろうと病院へいったところ、うつ病と診断されたり、自律神経失調症、PMSということも珍しくないからです。

また、更年期障害の症状が現れる年齢というのはこれまでの生活習慣から生活習慣病の初期症状が出始める年齢でもあるので、更年期障害を疑ったらまったく違う病気が見つかったということもあります。

このように更年期障害かと思ったら何か他の病気が発症していた、あるいは体の不調から病気だと思って病院で診察を受けたら更年期障害だったということはよくあります。だから更年期障害を起こす年齢だからと、素人判断はやめるべきで、きちんと病院にいって診てもらうべきなんですね。

更年期障害の症状によく似た症状が出る病気を簡単にですが紹介しておきます。

● ほてり→高血圧、甲状腺機能障害
● 動悸・息切れ→肥満、狭心症
● 頭痛・めまい→脳腫瘍、くも膜下出血、メニエール病
● 頻尿、残尿感→膀胱炎
● 月経の出血の量が多い→子宮筋腫
● 関節の痛み→関節リウマチ
● 疲労感、倦怠感→内臓の病気
● むくみ→腎臓病、心臓病
● 肩こり→視力低下によってメガネが合わなくなった

更年期障害として特徴のある症状と混同しやすい病気をいくつか挙げてみました。

心身にでてくる症状は同じでも、その原因は更年期障害によるものなのか、他の病気からきているものなのかは、上に紹介したように素人判断では区別がつかないものが多いです。医師でさえ、判断ミスをすることがあるくらいなので、自己判断が危険なのはいうまでもありません。

更年期(45~55歳ぐらい)は、体力的な衰えを実感しやすい時期でもあるので、さまざまな病気にかかる割合が増えてくる時期でもあり、若くもありませんから身体にいろいろと変化が出てきます。

そのため自分の身体のことにあまり気を配っていなかった方も、更年期をきっかけに人生の後半戦を有意義に過ごすために自分の身体の声をきいて、体調の変化と上手につき合っていく習慣を身に着けるようにしてください。

● 食生活を見直す
● ダイエットをして体重を落とす
● 仕事量をセーブする
● 嫌な人間関係を断ち切る
● 婦人科のかかりつけ医を見つける

特に婦人科のかかりつけ医を見つけることがポイントかと思います。これからお世話になることも増えるので、自分の体の変化をよく知ってくれているお医者さんがいるというのは心強いはずです。

Copyright © 2013 更年期障害の症状の緩和と軽減に役立つサイト· All Rights Reserved·