トップページ > ハーブ・サプリメント > ハーブ・サプリメント療法

ハーブ・サプリメント療法

女性ホルモンのエストロゲンを補う効果はサプリメントやハーブにもあります。

現代人は食事から必要な栄養素を摂取できていないというのはよくいわれることですが、更年期はになると体内で作る力も衰えていますし、とにかく身体に必要な成分が低下し、不足し、欠乏してしまっている状態だといいます。

そういう意味ではサプリメントというのは必要な栄養素を簡単に摂取できますし、プラセンタのようにサプリでもなければ摂取できないものもあるのでうまく摂り入れることができれば更年期のQOLを引き上げることにもつながると思います。

サプリメントを用いて更年期障害の症状を緩和させる場合、まず一番におすすめなのがプラセンタです。

プラセンタ療法のところでも少し触れましたが、女性の更年期障害のみならず加齢にともなうさまざまな体の不調や美容面の衰えなどをカバーしてくれる万能薬がプラセンタだからです。

注射に比べるとプラセンタサプリには即効性はないようですが、得られる効果は同じですし、注射のような副作用やリスクの問題を気にする必要がないので安心して服用できると思います。

それからローヤルゼリーも知る人ぞ知る更年期障害に効く成分であり、これもプラセンタと同様にサプリメントなければなかなか摂取することができない成分です。

ローヤルゼリーが更年期障害に効くといわれているのは、デセン酸という女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を持つ成分が含まれていること、それから自律神経を整える効果のあるアセチルコリンという2つの重要成分を含有しているからです。

ローヤルゼリーの品質はデセン酸の含有率に左右されます。ローヤルゼリーのサプリメントを選ぶ際はできるだけデセン酸を多く含むものを選ぶように気をつけてみてください。

そのほか、食事療法のところでも紹介した

● 大豆イソフラボン(ワイルドヤムというサプリメントもオススメ。)
● カルシウム
● DHA・EPA

といった成分もサプリメントがあります。以上の成分は普段の食事で十分摂取できるものなのでできるだけ食事から摂取すべきです。サプリはあくまでもプラセンタやローヤルゼリーなど食事からでは摂取できないものを取り入れるときに利用するのがベストです。

サプリメントの他にも、ハーブも更年期障害の症状の緩和に効果があると言われています。

● セージ
● セントジョーンズワート
● ベルベーヌ
● ローズ
● カモミール
● ラベンダー
● ゼラニウム

ハーブティーにして飲んで体に取り入れることもできますし、アロマテラピーとして香りの力で自律神経やホルモンバランス整えることもできます。ハーブ全般にいえることですが、リラックス効果が非常に高く、私達が本来持っている自然治癒力を最大限に高めてくれると言われています。

Copyright © 2013 更年期障害の症状の緩和と軽減に役立つサイト· All Rights Reserved·